相続の開始に伴い、遺族年金裁定請求、未支給年金の請求及び死亡の届出などを行う必要があります。

 年金は、受給資格を持っていても、自動的に切り替わり支給されることはなく、申請手続きをしなければなりません。

 社会保険労務士は、 「公的年金に関する唯一の国家資格者」です。皆様の年金に関する権利を守る立場から、親切・丁寧にご相談に応じ、素早く適切に手続を進めさせていただきます。

 また、遺族年金のほか老齢年金・障害年金の各種申請・届出、葬祭費の支給申請及び国民健康保険(後期高齢者医療制度)・介護保険など市区町村等への手続きについても、ご相談を受け承ります。